ギャラリー

リハビリ室のアイドル

カメさん

はあとぴあ リハビリ室のアイドル カメさんです。
6年ほど前からいる1匹に加え、昨年もう1匹が仲間入りしました。

2匹になった当初は折り合いが悪そうな2匹・・・今では2匹並んだり、小さなカメが大きなカメに乗ったり、仲良しになってきています。

リハビリに励む皆様の心をなごませてくれます。
スポンサーサイト

2017.2.3 節分

ブログ用圧縮後


今回は当施設にて行われた行事をご紹介致します。

2月3日は節分の日!
ということで鬼に扮した職員が施設全体を周り、利用者の皆様には鬼をめがけ豆を投げて頂きました。
(安全のため豆は新聞を丸めた物で代用しております。)

毎年の恒例行事となっておりますが鬼役には新たに若さ溢れるメンバーを選出し、利用者の皆様に
笑いを届けることができたかと思います。

来年も是非皆様に楽しんで頂けるよう頑張ります!!

【勉強会】介護施設での接遇について


attachment00.jpg

本日は療養棟介護主任を講師として、接遇についての勉強会が開催されました。

これから先、選ばれる施設になっていくためには、接遇が一番大切だというお話でした。

「一人の印象が施設全体のイメージを決める」というスライドの
介護サービスは掛け算方式で、一人のゼロが、すべてをゼロにしてしまうという言葉が心に刺さり、
普段何気なくお声かけしている自分の言葉や態度を見直すよいきっかけとなりました。

介護技術がいくら優れていても、接遇が悪ければ安心して施設を利用することができません。

しっかりと話を伺うこと、表情(笑顔)の重要性や、
相手の気持ち・立場に立って考え行動することが大切であると感じました。

利用者さんだけでなく、職員間でも同じことが言えます。
円滑に仕事をするためには、笑顔であいさつ、思いやりの心が不可欠です。

笑顔あふれる はあとぴあになるように頑張っていこうと思わせてくれた勉強会でした。

フラワーアレンジメント




デイケアでは、定期的に利用者様向けのフラワーアレンジメント教室を開催しておりますヽ(*´∀`)ノ







IMG_5544.jpg







【勉強会】実践!ポジショニング

20170125172649888.png



終業後、褥瘡委員会主催の勉強会がありました。

今回はポジショニング方法の講義の後
実際の利用者さんを想定して
参加者全員で適切なポジショニングを考えました。

「いつもこんな感じに足が倒れちゃうよね」
「ここに力が入っているよね」

などと、利用者さんの普段の様子を思い浮かべながら
除圧のためのクッションの入れ方や、
楽な体位を模索していきました。

利用者さん役をやった職員からは、
「今までバスタオルを巻いて挟んでいたけど、これはかなり痛い。
折りたたんで挟むとすごく楽になった」
という意見が出ました。

ポジショニングが必要な方は
ご自分では痛みなどの訴えができないことが多く、
実際に行ってみることの重要性を感じました。